単身赴任中のネット回線のおすすめは?Wi-Fiと光回線

単身赴任をする際に気になる一つがインターネットをどうするか?では無いでしょうか?

Wi-FiやWiMAX、フリーWi-Fi、フレッツ光など色々な手段が考えられますね。

ここではどのように違い、一番どの方法がおすすめか?まとめてみました!

blogger-336371_640

目次

インターネット開通はどういった点を注意すべき?

どのような方法を取るかは目的によって違いますが、

単身赴任の場合は以下のポイントをチェックするのがおすすめです。

引っ越し後すぐに使いたいのか?

引越ししてから、直ぐに仕事でネットを使うなど、

インターネットの開通が早急かゆっくりなのかで選べる手段も変わってきます。

単身赴任期間が短いか長いか?

インターネットでは○○年契約というものがあることが多いです。

例えば単身赴任が数か月なのに、下手にインターネットを開通すると、

途中で解約料が取られてしまう損です。

家の中だけで使うか?外でも使うか?

単身赴任先の自宅だけでネットをするのか、

外出先や移動先でも使いたいかによっても選択肢が変わってきます。

沢山通信を利用するか?しないか?

家族とのビデオチャット、動画視聴やゲームなど高容量の通信をする予定か?

それとも会社のメールチェックやごはんのレシピなど簡単なサイト閲覧程度か?

インターネットでは月の容量制限と3日間制限というものが設定されている場合があります。

容量が大きいと制限にひっかかり、まともにインターネットができなくなる場合もあるため、

使用用途は重要です。月々の利用料にも影響してきます。

どんな方法がある?

単身赴任で良く考えられるインターネットの方法は以下のようなものがあります。

手段開通の早さ利便性利用料速度
WiMAX/(ポケット)Wi-Fi早い○~◎
フレッツ光遅い○~◎
スマホでテザリング不要△~◎△~○
フリーWi-Fi不要△~○

 

それぞれに特徴があり、好みの問題もありますが、

一番おすすめはポケットWi-FiかWiMAXを利用することです。

フレッツ光回線を通す場合

メリットは他のどの回線よりも速度が速い可能性が高く、

かつ月や3日間の容量制限が少ないため、一番通信量を気にせずインターネットができます。

ただし、アパートやマンションなど集合住宅の場合、

周りの住居者の利用状況によって、速度のムラが大きいです。

例えば、周りで高容量のネットゲームなどしていると、速度が低下する傾向にあります。

実際に開通してみないと速度はわからないため、この点は注意が必要です。

 

またフレッツ光の問題点のひとつは直ぐに利用できない点です。

開通工事のために立ち合いが必要になるため、

仕事で中々時間が取れないサラリーマンにとっては日時をあわせるのが大変です。

 

加えて単身赴任が終わった際は、解約手続きを取る必要もあり、

フレッツ光は2年契約なので、2年以下の単身赴任だと逆に途中解約となりますから、

手数料が発生してもったいないかもしれません。

いつどうなるかわからない単身赴任の場合はあまり適していない手段だといえます。

 

スマホのテザリング機能

テザリングとはスマホをポケットWi-Fiのようにして使う手段です。

Wi-Fiテザリングスマホがかばんの中にあってもつながり、複数の機器を同時につなぐことできます。
スマホのバッテリー消費が早くなります。
BluetoothテザリングBluetoothで接続する方法。
Wi-Fiと同じように無線ですが、Wi-Fiよりもバッテリー消費が少ないのが特徴。
通信速度は遅くなります。
USBテザリングUSBケーブルでつなげて行う方法。
無線よりも通信速度が速くなります。
スマホを充電しながらできるものもあります。

 

現在のスマホのパケットパック(データ定額)であれば、

基本的に無料でテザリングが可能なため、直ぐに利用できます。

旧プランの場合は各社月500円のオプション料金が発生します。

 

直ぐに利用できるほかに、

外出先でもスマホを拠点として、パソコンやゲームなどをネットに繋ぐことが可能ですので、

利便性も高く、特に移動が多いサラリーマンの方に合っています。

 

ただし欠点は月の容量制限および3日間容量制限にひっかかりやすいことです。

スマホの通信量とシェアすることになるため、

そのままのパケットパック(データ定額)プランでは足りない可能性が高いです。

しかしながら、プランをより大容量をあげてしまうと月の利用料が高くなるため、

賢い選択とはいえないでしょう。

 

またスマホのバッテリーが早くなくなる欠点もあり、

バッテリーが弱っているスマホでは外で不便さを感じるかもしれません。

フリーWi-Fiスポットを使う

最近では駅やカフェ、お店などでフリーWi-Fiスポットが増えてきました。

無料、または月数百円程度で利用できるため、

安さで選ぶならこの手段が一番です。

 

ですが言うまでもありまんが自宅で使用することはできませんし、

外出先でも限られた場所に限定されるため利便性は低いです。

ネットをほとんど利用しないサラリーマンの方に向いているといえます。

 

また公共で多くの人が利用することもあり、

回線の速度はかなり周りの利用状況に影響されます。

基本的に他の手段より速度は出ないと考えて結構です。

ポケットWiFi/WiMAXを使う

単身赴任の人に一番おすすめなのがポケットWiFi/WiMAXを使う方法です。

直ぐに利用でき、解約手続きも必須でない

ポケットWiFi/WiMAXは、フレッツ光のような面倒な工事が無く、

契約後ルーターが届いたらそのまま使うことが可能です。

そのため、引越し前に準備することも可能で、

初期費用もキャンペーンでかからないところが多く、フレッツ光より安く済みます。

また持ち運び可能ですから、単身赴任が終わった後に絶対に解約する必要もなく

持ち帰ってそのまま家族のネット回線として利用する方法もとれます。

利便性が高い

自宅でも外出先でもほとんどの場所で利用できるので、色々な用途に対応しやすいです。

最近では普通の住宅や街であれば電波も問題無く通じるようになっているので、

基本どこでもインターネットできます。

通信制限がゆるやか、でも値段は安い

ポケットWiFi/WiMAXは月の容量制限が7G、もしくは使いたい放題のどちらかで、

3日間制限は3GBとおおめです。

スマホのテザリングと比べると遥かに利用しやすい容量になっています。

ですが、利用料は基本3,696~4,380円で、

同じ月7GBでスマホテザリングの場合5,700円以上ですから、安い料金です。

 

さらに利用料は基本3,696~4,380円は、

キャンペーンでより安くなることがほとんどです。

 

ポケットWi-FiとWiMAX、どちらが良い?

一見ポケットWi-FiとWiMAXは同じ無線ですので、

同一視されますが、実際は微妙に違います。

単身赴任でポケットWi-FiとWiMAXを利用する場合、

WiMAXのほうが、安さと速さの面でおすすめです。

 

ポケットWi-Fiのほうが速度低下が激しい

ポケットWi-Fiは3G/4G/LTEという通信規格を利用して、

WiMAXはWiMAXという通信規格です。

3G/4G/LTEはスマホでも採用されている規格なため、全体的に利用者が多くなります。

すると利用者混雑による速度低下により遅くなってしまうのです。

実際に実測した結果もありますので、両者の違いなど詳細は、

WiMAXとWiFi(4G/LTE)の違いは?速くて繋がりやすさを検証!も参考にしてみてください。

 

キャンペーンが豊富で安くなりやすいWiMAX

ポケットWi-Fiは現在、Y-Mobileとソフトバンク、キャリアの5社がメインに対し、

WiMAXはプロバイダや代理店を合わせると20社以上になります。

つまり顧客獲得競争が激しいため、各プロバイダ共にキャンペーンが豊富です。

数万円のキャッシュバック、月割引などなどあるので、

結果的にかかるコストはポケットWi-Fiより安いのです。

ポケットWi-FiもWiMAXも月の基本料金は同じなので、

キャンペーンが豊富かどうかは安さに大きく影響してきます。

WiMAXのキャンペーンについてはこちらでもまとめていますので、参考にしてみてください。

[cc id=652]