ドコモのスマホ料金を安くするWiMAX活用術!

ドコモの携帯料金が高い・・・そう感じたことはありませんか?

実際その通りで、スマホの新料金になってからはさらに値上がりしています。

ガラケー時代は3000円台が可能でしたが、今は6000円台が主流になっています。

通話が少ない人には美味しくない!新料金プランの現状

ドコモは従来通り【基本料金】+【パケットパック】+【インターネット接続料(300円)】で構成されていますが、

新プランからは基本料金は国内通話無料、もしくは5分以内通話無料のカケホーダイに変更されました。

以前は通話が少ない人は一番安いプランにすれば使用料を安くできましたが、

新プランでは1,700円か2,700円しか選べません。

基本使用料プラン
(2年契約時)
インターネット接続サービス料パケットパック
(データプラン容量と金額)
合計スマホ月使用料
カケホーダイ
(国内通話無料)
2,700円/月
300円/月2GB 3,500円6,500円
5GB 5,000円8,000円
8GB 6,700円9,700円
10GB 9,500円12,500円
15GB 12,500円15,500円
20GB 16,000円19,000円
30GB 22,500円25,500円
カケホーダイライト
(5分以内国内通話無料)
1,700円/月
300円/月5GB 5,000円7,000円
8GB 6,700円8,700円
15GB 12,500円14,500円
20GB 16,000円18,000円
30GB 22,500円24,500円

 

一見カケホーダイライト(1,700円)は安く見えますが、

パケットパックで一番安い2Gプランを選ぶことができないため、

一番安い合計使用料はむしろカケホーダイ(2,700円)よりも高くなります。

そのため現在のプランで使用料を節約するのはとても難しいと言えるでしょう。

現在ドコモ節約は難しい

一番安いパケットパック、2GBプランでは制限にかかりやすくなる!

パケットパックは月に通信しても良いデータ容量で決まってきますが、

ドコモで安くするのであれば2GBプランのパケットパックを選ぶことになるでしょう。

しかしながら、2GBプランはスマホ使用では正直なところ不十分と言える容量です。

特に音楽やLINE電話、動画やゲームをダウンロードする人にとっては足りないです。

こうした問題を解決し、かつ節約するには思い切った方法が必要になってきます。

WIMAXをつかってドコモ料金を安くする!

そこでおすすめしたいのがWiMAXとドコモの組み合わせ、もしくはWiMAX単体でスマホを使う方法です。

WIMAXはモバイルインターネットのひとつで、月7GB制限で3696円/月で利用できます。

さらにキャンペーンが豊富なので、月額割引やキャッシュバックを受けることでよりお得にすることも可能です。

節約の仕方は大きく2つあります。

インターネット通信はWiMAXを使う!

まず一つがスマホでインタネット通信をする時のみWiMAXを使用し、通話だけドコモ電話回線を使う方法。

スマホにはWi-Fi機能が標準で備わっていますが、このWi-FiからWiMAXに接続し、外と通信をします。

パケットパックを未加入でおこなえば、ドコモの5GBプランならまるまる5,000円、8GBなら6,700円が0円に。

WiMAXの使用料を加味しても、月1,400以上の節約が可能です。

ただし、もともと2GBプランに加入している人は節約効果は期待できません。

2GBでは足りなく5GBプラン以上を検討しているなら、月7GB制限のWiMAXの方がお得でしょう。

WiMAXを使った節約が向いている人は?

大幅な節約!ドコモを解約し、WiMAX一本にする!

さらに節約するなら、思い切ってドコモを解約する方法もあります。

スマホ自体はドコモに加入していなくてもWi-Fi通信でWiMAXに接続してつかえば、

問題無くインターネットをすることができます。

現在支払っているドコモ利用料をまるまる0円にできるわけですから、かなりの節約です。

WIMAXの利用料を考えても、最低月2,900円以上の節約になります。

ドコモ未加入で大幅な節約に

ただし、電話番号を引き継ぐことができないこと、

電話はインターネット電話(IP電話、050)のアプリを別途いれる必要があること、

ドコモのキャリアメールが使えなくなるといったデメリットもあります。

なので、もともとそんなに電話を使っていない人におすすめの方法です。

WiMAXメリット・デメリットは?

料金以外でドコモ4G/LTEと比較したメリット・デメリットはどんなものがあるでしょう?

メリット

月の制限無しプランがある!

WiMAXにはさらに+660円/月支払うことで、月の制限無し【ギガ放題】プランというものが選べます。

節約効果は通常プランよりは薄れるものの、現在8GB以上のプランで速度制限を感じているなら、

魅力的な選択です。

好きなだけ動画やゲームができます。

3日間制限がSIMやWi-Fiよりも緩い!

無線通信では月額制限のほかに3日間容量制限があります。

SIMやポケットWi-Fiでは3日間1~3GBが多いですが、

WiMAXは3日間10GBと通信機器で最も緩い制限を実現できています。

ゲームや映画などをたっぷり見ても事足りる容量ですので、

常に快適にインターネットをすることができます。

4G/LTEより速い!

4G/LTEは最高速110Mbpsですが、WiMAXは最高速220Mbpsと約2倍になっています。

特に大容量のゲームや高品質な動画を見るときにこのスピードの差が生きてきます。

こちらについては詳しくはWiMAXとWiFi(4G/LTE)の違いは?速くて繋がりやすさを検証!も参考にしてみてください。

デメリット

繋がりやすさは4G/LTEのが上か?

WiMAXは通信性質上、地下や移動中の車内、窓のない建物だと繋がり難い傾向にあります。

とはいえ、最近では通信設備を増設したり回析技術を取り入れることで、

こういった場所でも繋がりやすく改善さてきています。

通信エリアは若干4G/LTEが上

繋がるエリアも4G/LTEの方が広いといえるでしょう。

ただし現在4G/LTEに対してWiMAXも99%の人口カバー率を達成しており、

広範囲の場所で通信が可能になっています。

具体的にWiMAXを契約するには?

WiMAXはインターネットプロバイダ会社が提供しているため、そこと契約しモバイルルーターを手に入れる必要があります。

ほぼインターネットから契約できますので、申し込めば後日ルーターが自宅に送られ、

あとはとくに設定無しでスマホのWi-Fi接続機能を使うだけです。

WiMAXのプロバイダはどのように選べば良い?

とはいえ、WiMAXのプロバイダは沢山あり、いったいどこが良いのかわかりにくいのが現状です。

おすすめの選び方はキャンペーン内容が良いところです。

どのプロバイダを選んでも、通信エリア・速度、基本の料金自体変わりません。

違いがあるのは月額割引やルーター端末無料、キャッシュバックといったキャンペーン内容です。

特にキャッシュバックは数万円のところもあるので、それだけでトータルでかかる費用は全然違います。

ただしキャンペーン内容は毎月変わるので、ベストなプロバイダは頻繁に変化していきます。

ルーターはどれがいい?

一口にWiMAXといっても、通信に使うモバイルルーターのどれを選ぶかによって、

速度、つながりやすさ、安定性が変わってきます。

これに関しては結局自分で使ってみるしかわかりませんが、

当サイトでは最新のルーターを実際に計測してみて、

おすすめのルーターもご紹介しています。

WiMAXのルーターを実際に計測してみた結果はこちら

ドコモスマホ代の節約効果が高い!WiMAXプロバイダランキング!

wimax2+のプロバイダ一覧

[cc id=795]