ソフトバンクのスマホ料金を安くするWiMAX活用術!

スマホ料金って昔よりお高くなったなあと感じたことはありませんか?

実際携帯が出始めたことは3000円台でも可能でしたが、今は6000円台くらいになってしまいました。

これは高速通信が可能になった代わりに、パケットプランが高額になったためです。

旧プランと新プランの違い、通話が少ない人は高くなった!

2015年から、ソフトバンクは新プランの導入に移行しています。

基本使用料プラン
(2年契約時)
インターネット接続サービス料データプラン容量と金額合計スマホ使用料
スマ放題(国内通話無料)
2,700円/月
300円/月2GB 3,500円6,500円
5GB 5,000円8,000円
10GB 8,000円11,000円
15GB 12,500円15,500円
20GB 16,000円
30GB 22,500円
19,000円
25,500円
スマ放題ライト(5分以内国内通話無料)
1,700円/月
5GB 5,000円7,000円
10GB 8,000円10,000円
15GB 12,500円14,500円
20GB 16,000円
30GB 22,500円
18,000円
24,500円

旧プランと新プランの大きな違いは基本使用料(通話使用料)にあります。

旧プランではホワイトプラン(934円/月)やタイプXにねん(743円/月)という通話をあまりしない人向けのプランがありました。

しかし新プランはスマ放題2,700円/月(国内通話無料)とスマ放題ライト1,700円/月(5分以内国内通話無料)と値上がりしています。

ソフトバンクの節約は難しくなった

ですので、通話料が少ない人のスマホ節約法の一つが【通話プランを安いものにする】でしたが、

残念ながら新プランはできません。

通話料が少ない人にとっては逆に高くつく料金体系になってしまったということです。

スマ放題ライト(1,700円/月)は2GBデータプランが選べない!

一見安く見えるスマホ放題ライトですが、注意したいのがデータプランの最安となる2GBプラン(3,500円)を選べないことです。

5GBプラン(5,000円/月)からになるので、合計のスマホ使用料はスマホ放題プランより高くなります。

スマホ放題ライトは節約するのでなく、あくまで通信量が多い人向けにほぼ同額で月の通信制限を増やすというものです。

 

データ定額プランを2GBプランにするしかないが・・・

ソフトバンクのスマホ料金を節約するなら、データプランを2GBプランにする必要があります。

しかしながら、このプランでは節約に関していくつか問題点があります。

 

一番したのデータ定額プランでも使用料は変わらない

一番下の2GBプランは3,500円/月なので、旧プランのパケットし放題(5,700円)から比べると安くなっています。

しかし、基本使用料が必ず2,700円かかるため(スマホ放題ライトだと2GBプランは選べない)、

旧プランの人気の組み合わせ、ホワイトプラン(934円)+パケットし放題(5700円)=6,634円と、

新プランの最安の組み合わせ、基本使用料(2700円)+2GBプラン(3500円)=6,200円と、

ほとんど節約効果が期待できないのです。

 

月のデータ使用量が小さすぎる

最安の2GBプランの場合、月の利用制限が2GBと旧プランの7G制限に比べると大分少ないです。

普段ホームページの閲覧程度であれば大丈夫かもしれませんが、

youtubeなどの動画やゲームや音楽のダウンロードを良くやる人にとっては間違いなく快適に使うことができません。

制限がかかると通常の1000分の1まで低速化しますので、とてもストレスが溜まるでしょう。

月の利用制限量は厳しい

旧プランでも低速化の経験をした場合は最低でも5GBプラン(5,000円,5Gまで)、できればデータ定額10(9500円,10Gまで)が必要ですが、

それでは今までよりスマホ料金が高くなってしまいます。

 

データ定額パックに入らないという選択!

じゃあどうすれば良いの?と言いたくなりますが、ソフトバンクの場合、データ定額パックに入らない選択ができます。

これならまるまる基本使用料1,700円か2,700円だけになりますから、スマホ使用料の大幅な節約が可能ですね。

 

但し当然インターネットをすると高くついてしまう!

ですがもちろん、スマホでインターネットをするとデータ通信が定額でないため、利用料に応じた料金が加算されるます。

実際には基本使用料だけでスマホを使うのは現実的ではありません。

そこでおススメしたいのがスマホのWi-Fi機能を使ってインターネットをする方法です。

 

スマホのWi-Fi機能を使った節約方法

スマホにはWi-Fi接続機能が基本的についています。

これはソフトバンクの通信網以外でもインターネットができることを意味しているので、

電話をするときはソフトバンクの電話回線、インターネットをするときはWi-Fi接続でという方式が取れるんです。

Wi-Fiを使えば、ソフトバンクのパケット通信を使わなくて済むため、料金が加算されることもありません。

wifiを使って節約する

Wi-Fi機能を使って通信するには?

Wi-Fiとはいわば無線通信のことです。

なのでWi-Fi通信を提供しているインターネットプロバイダと契約し、配布されるモバイルルーターを使って接続する形になります。

モバイルルーター

↑こんな感じのやつです。

 

Wi-Fi通信には大きくわけて2つの通信方式があります。

スマホにも使われている4G/LTE、無線通信専用のWiMAX方式です。

この2つのうち、ソフトバンクのスマホ料金を節約するならWiMAX形式がおすすめです。

 

WiMAXがスマホ節約に有効な理由

なぜ4G/LTEよりもWiMAXのほうがおすすめなのかは3つ理由があります。

 

WiMAXは月間データ制限無しがプランがある

4G/LTEプランは月7GBという、ソフトバンクの旧パケットし放題プランと同じ制限量があります。

それでも月3700円ぐらいなので、ソフトバンクのプランよりも安くはできますが、

WiMAXは月3700円よりも安いプランで月7GB制限プランがあり、

さらに+500円でいくら使っても月間制限無しというプランが用意されています。

 

WiMAXの月間制限無しプランは後からでも申込みできますので、選択肢が多い意味で有利です。

特にスマホで動画やゲームなどを頻繁に行う人はWiMAXの相性が良いでしょう。

 

3日間制限がSIMやWi-Fiよりも緩い!

無線通信では月額制限のほかに3日間容量制限があります。

SIMやポケットWi-Fiでは3日間1~3GBが多いですが、

WiMAXは3日間10GBと通信機器で最も緩い制限を実現できています。

ゲームや映画などをたっぷり見ても事足りる容量ですので、

常に快適にインターネットをすることができます。

 

WiMAXはキャンペーンが豊富でとても安くなる

WiMAXはUQ WiMAXという青いガチャピンやムックで有名な会社が提供しています。

月7GB制限プランで通常3696円/月、月間制限無しプランで4380円/月です。

4380円でもソフトバンクの旧プランより十分に安いのですが、さらにWiMAXは代理店プロバイダによるキャンペーンが豊富。

月額割引やキャッシュバックなどを組み合わせると、実質月2800~3400円くらいも十分可能です。

制限無しで4G/LTEのプランよりも安くできるんですね。

 

WiMAXは高速なので快適

WiMAXは現在220Mbpsのスピードを提供しており、4G/LTEの最高速187.5Mbpsと比べても速いです。

かつ4G/LTEの場合、通常の携帯3社の通信網も4G/LTE回線を利用しています。

このためエリアに利用者が集中しやすい、都市部や繁華街では回線のパンクによる速度低下が起こりやすいんです。

 

対してWiMAXは4G/LTEよりも利用者が少ないため、回線パンクによる速度低下は起こりにくく、

安定した通信が可能になります。

こちらについては実測のレポートもあるので、

WiMAXとWiFi(4G/LTE)の違いは?速くて繋がりやすさを検証!も参考にしてみてください。

 

WiMAXはどこが一番イイ?

WiMAXを使用するには、サービスを提供するプロバイダに加入する必要があります。

一番有名なのは青いガチャピンとムックで有名なUQ WiMAXでしょう。

WiMAXの本家本元になるので、一番信頼性が高いといえます。

 

ただUQ WiMAXは他の代理店プロバイダに比べるとキャンペーンにそこまで力をいれていません。

BIGLOBEやSo-net、GMOとくとくBB、@niftyなどの代理店プロバイダのほうがキャンペーン内容が充実しており、

結果的に通信費用を抑えることができます。

なので特別なこだわりがないのなら、キャンペーンがお得なプロバイダを選ぶのがおススメ。

毎月キャンペーン内容が違うので、その都度確認しながら選ぶと良いでしょう。

当サイトでも各プロバイダのキャンペーンを比較し、お得な順にランキングにしましたので参考にしてみてください!

 

ルーターはどれがいい?

一口にWiMAXといっても、通信に使うモバイルルーターのどれを選ぶかによって、

速度、つながりやすさ、安定性が変わってきます。

これに関しては結局自分で使ってみるしかわかりませんが、

当サイトでは最新のルーターを実際に計測してみて、

おすすめのルーターもご紹介しています。

WiMAXのルーターを実際に計測してみた結果はこちら

ソフトバンクスマホ代の節約効果が高いWiMAXプロバイダランキング!

wimax2+のプロバイダ一覧

[cc id=795]